• ホーム
  • リバウンドの危険性も?やってはいけないダイエット方法!

リバウンドの危険性も?やってはいけないダイエット方法!

2020年04月18日

やってはいけないダイエット方法として有名なのは単品ダイエットです。単品ダイエットとは1つの食品に置き換える、単品に頼り切りなダイエット方法のことです。どのような食材であっても単品に頼り切りなダイエットは健康に影響したり、エネルギーが不足して栄養バランスが崩れて栄養失調になったり、筋肉が低下したり基礎代謝が低下して、痩せにくい身体になる危険性があります。また一度痩せたとしてもリバウンドを引き起こす可能性も高いので、ダイエットを成功させるためには健康的な食生活をすることが大切です。単品ダイエットはサプリメントなどで足りない栄養素を補給したからといって大丈夫なわけではありません。

サプリメントダイエットの飲むだけで痩せるというようなものもお勧めできません。サプリメントは化学物質なので、カプセルや錠剤にする際に大量の添加物や着色料が使用されている可能性が高く、自然の食品ではないので肝臓に負担がかかりやすいというデメリットがあります。

栄養バランスが崩れると美容にもよくありません。髪の毛が抜けやすくなったり、肌がボロボロになってしまったり、美容を気にする女性はしてはいけないダイエット方法です。

炭水化物や脂質を控えて、筋肉をつくるタンパク質をたくさん摂取するというような過度な食事制限方法も危険です。タンパク質はいくら摂取しても大丈夫というものではありません。タンパク質は筋肉や臓器や髪の毛や皮膚を構成するための大切な栄養素ですが、極端な過剰摂取は中性脂肪を増やしてしまう危険性があります。タンパク質と脂質と炭水化物という三大栄養素の理想的な摂取バランスのことをPFCバランスといいますが、タンパク質は15パーセント、脂質は25パーセント、炭水化物は60パーセントとなっています。過度な食事制限は栄養失調になってしまうので注意が必要です。

朝ごはん抜きもやってはいけない方法です。朝ごはんを食べることで、活動するのに必要なエネルギーが体や脳に行き渡ってしっかりと動ける状態になります。朝ごはんを抜くと昼ごはんの吸収率が高くなり、食べる量も増えがちです。逆に太りやすい体になってしまうので注意が必要です。朝ごはんに関わらず食事抜きもおすすめできません。1日1食だけにするとか1日2食だけにするといった食事の回数を減らしてしまうと、カロリー摂取量は抑えて効果的のようにも感じられるのですが、食事と食事の間隔があくと、体は飢餓状態になります。飢餓状態になると身体は生命維持機能であるホメオスタシスを活発化させ、次の食事のエネルギーを脂肪として蓄積しやすくします。このサイクルを繰り返すことによって、少ししか食べなくても脂肪を蓄えやすい体質になってしまい、結果的に太りやすくリバウンドしやすい体質になってしまうのです。やってはいけない方法がわかれば、効率よく理想的に痩せることもおのずと見えてきやすいものです。

関連記事
ダイエットサプリは本当に効果があるのか?

飲むだけで痩せるといった宣伝文句のダイエットサプリは本当に効果があるのか、気になるところです。大きく分けると5種類に分けることが出来ます。1つめは脂肪燃焼系です。脂肪燃焼系のダイエットサプリメントは、体脂肪の燃焼をサポートするというものですが、メカニズムによっても種類がわかれます。脂肪動員ホルモンの...

2020年05月28日
痩せにくい体質をつくる原因

痩せにくい体質をつくる原因には食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足等の生活習慣の乱れが影響していることがほとんどです。生活習慣の乱れはそのまま生活習慣病に発展してしまう可能性もあります。どのようなダイエットをしても痩せにくいという人の場合、ホルモン系の薬を服用していたり病気以外の場合は、食事、運動、睡眠...

2020年02月17日
ダイエットに効果的な運動方法を教えます!

ダイエットに効果的な運動方法ですが、いきなり無酸素運動などの激しい運動をすると、今まで全く運動をしていなかった人は膝や腰などに支障が出てしまうことが考えられますので段階的に運動をしていくことをお勧めします。そして無酸素運動よりも有酸素運動を行うほうがおすすめです。まずは有酸素運動であるウォーキングを...

2020年03月22日
肥満になりやすい人には遺伝子が関係している?

肥満関連遺伝子とは、遺伝子異常のため基礎代謝で使用されるエネルギーの量が減少して、体重のコントロールという本来の働きが出来なくなっている遺伝子のことを言います。肥満体質は肥満関連遺伝子が大きく関わることがわかっています。日本人の多くは何らかの肥満関連遺伝子を持っていて、遺伝子検査で自分の肥満関連遺伝...

2020年03月04日
ゼニカルのジェネリック医薬品オルリガルでもっと手軽にダイエット

ゼニカルは1カプセルあたり70円から200円程度で販売されています。毎日摂取する場合、コストパフォーマンスが高いことがネックになってくる場合があります。その場合、ゼニカルのジェネリック医薬品であるインドの大手製薬メーカーのオルリガルがおすすめです。ジェネリック医薬品は後発医薬品なので、研究開発コスト...

2020年01月28日
食べながら痩せたい人へおすすめなゼニカル

食べながら痩せたい人はゼニカルを利用するのがお勧めです。ゼニカルの主な成分のオーリスタットの効果によって、脂肪分解酵素リパリーゼの働きを抑えてくれます。脂質の多い食事を下場合でも脂肪の吸収率を30%カットしてくれます。利用することによって極端な食事制限を行うことなく、肥満予防にもつながります。ただし...

2020年01月13日
コンビニで買える!プチ糖質制限におすすめな食材

1日の糖質の摂取量を150~200g以下に抑えることをプチ糖質制限と言います。いきなり糖質を制限しすぎてしまうと体に支障が出てくる可能性が高いため、まずは150~200g以下に抑える制限から初めて、徐々に減らしていく方法をおすすめします。コンビニで買うことが出来るプチ糖質制限中にお勧めの食材としては...

2019年12月30日