• ホーム
  • 肥満になりやすい人には遺伝子が関係している?

肥満になりやすい人には遺伝子が関係している?

2020年03月04日

肥満関連遺伝子とは、遺伝子異常のため基礎代謝で使用されるエネルギーの量が減少して、体重のコントロールという本来の働きが出来なくなっている遺伝子のことを言います。肥満体質は肥満関連遺伝子が大きく関わることがわかっています。日本人の多くは何らかの肥満関連遺伝子を持っていて、遺伝子検査で自分の肥満関連遺伝子を調べることで、体質に合った食事法や運動方法や基礎代謝のアップなどの効率のよいダイエット方法を見つけ出すことが可能です。

肥満関連遺伝子の例としてあげられるのはADRB3(リンゴ型)は燃焼不足型です。ADRB3は人の8番目の染色体にあって、ノンアドレナリンというホルモンの受容によって脂肪の分解や燃焼に関わる遺伝子です。ここに異変があると糖分を筋肉に取り込むインスリンのはたらきが弱くなって、糖が内臓に蓄積されてしまい、内臓脂肪がつきやすいタイプになります。

UCP1遺伝子(洋ナシ型)は燃焼不足型です。UCP1遺伝子は人の4段目の染色体にあって、褐色脂肪細胞における熱産生に大きく関わるタイプです。ここに異変があると体温が低下したとき、皮下脂肪を燃焼しにくくなります。無理なダイエットなどで食事をぬくと体温は下がってしまいます。

ADRB2(バナナ型)は筋肉不足型です。ADRB2は人の5番目の染色体になって、アドレナリンというホルモンの受容によって生じる脂肪の分解や燃焼に関わる遺伝子です。ここに異変があると特にタンパク質をエネルギーとして消費してしまうため、血や筋肉をつくるタンパク質が不足して筋肉がつきにくくなってしまいます。

遺伝子に異常がみられないタイプの場合、アダム・イブ型に分類され、遺伝子で太るのではなく環境で太ります。このタイプは一番太りにくいタイプだといえます。日本人に多いタイプとしては、洋ナシ型が56.8パーセント、リンゴ型が21.8パーセント、バナナ型が16.9パーセント、アダム・イブ型が4.5パーセントとなっています。4つのタイプ別に食事や運動や睡眠などの生活習慣を中心に見直すことが重要です。リンゴ型はご飯やパン等を減らして、野菜や海藻類やきのこ中心の食材で満腹感を得ることが重要です。洋ナシ型は低脂質の食品を選んで、揚げ物を控えて蒸したり焼いたりする料理方法を選択します。バナナ型はタンパク質を多く摂取しておかずを最初に食べるのがおすすめです。

肥満体質がどのタイプかというのは遺伝子検査で調べることが可能です。とても簡単な検査で郵送ですることが可能です。検査キットはケースの中に綿棒が入っていて、口の中の頬の内側を綿棒でこすって細胞を摂取してケースの中にしまい、アンケートや同意書を記入してポストに投函します。約2週間から1ヶ月程度で結果が送られて来るものが多いです。紙面やデジタルなどもあり、デジタルだけにした方が検査料金は安い物が多いです。自分の肥満関連遺伝子を知ることがダイエットの成功にもるながるのです。

関連記事
ダイエット成功へ近づくお役立ちアプリ紹介

「超簡単!体重管理ダイエットbyだーぱん」は体重管理を素早く行うことの出来るアプリです。入力したデータをグラフで細かく分析することが出来ます。ダイエットに役立つ情報を豊富に受け取ることも可能です。超簡単!体重管理ダイエットbyだーぱんは外食チェーンの食事メニューが収録されている、外食カロリー辞典を閲...

2020年07月04日
ダイエットサプリは本当に効果があるのか?

飲むだけで痩せるといった宣伝文句のダイエットサプリは本当に効果があるのか、気になるところです。大きく分けると5種類に分けることが出来ます。1つめは脂肪燃焼系です。脂肪燃焼系のダイエットサプリメントは、体脂肪の燃焼をサポートするというものですが、メカニズムによっても種類がわかれます。脂肪動員ホルモンの...

2020年05月28日
リバウンドの危険性も?やってはいけないダイエット方法!

やってはいけないダイエット方法として有名なのは単品ダイエットです。単品ダイエットとは1つの食品に置き換える、単品に頼り切りなダイエット方法のことです。どのような食材であっても単品に頼り切りなダイエットは健康に影響したり、エネルギーが不足して栄養バランスが崩れて栄養失調になったり、筋肉が低下したり基礎...

2020年04月18日
痩せにくい体質をつくる原因

痩せにくい体質をつくる原因には食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足等の生活習慣の乱れが影響していることがほとんどです。生活習慣の乱れはそのまま生活習慣病に発展してしまう可能性もあります。どのようなダイエットをしても痩せにくいという人の場合、ホルモン系の薬を服用していたり病気以外の場合は、食事、運動、睡眠...

2020年02月17日
ダイエットに効果的な運動方法を教えます!

ダイエットに効果的な運動方法ですが、いきなり無酸素運動などの激しい運動をすると、今まで全く運動をしていなかった人は膝や腰などに支障が出てしまうことが考えられますので段階的に運動をしていくことをお勧めします。そして無酸素運動よりも有酸素運動を行うほうがおすすめです。まずは有酸素運動であるウォーキングを...

2020年03月22日
ゼニカルのジェネリック医薬品オルリガルでもっと手軽にダイエット

ゼニカルは1カプセルあたり70円から200円程度で販売されています。毎日摂取する場合、コストパフォーマンスが高いことがネックになってくる場合があります。その場合、ゼニカルのジェネリック医薬品であるインドの大手製薬メーカーのオルリガルがおすすめです。ジェネリック医薬品は後発医薬品なので、研究開発コスト...

2020年01月28日
食べながら痩せたい人へおすすめなゼニカル

食べながら痩せたい人はゼニカルを利用するのがお勧めです。ゼニカルの主な成分のオーリスタットの効果によって、脂肪分解酵素リパリーゼの働きを抑えてくれます。脂質の多い食事を下場合でも脂肪の吸収率を30%カットしてくれます。利用することによって極端な食事制限を行うことなく、肥満予防にもつながります。ただし...

2020年01月13日
コンビニで買える!プチ糖質制限におすすめな食材

1日の糖質の摂取量を150~200g以下に抑えることをプチ糖質制限と言います。いきなり糖質を制限しすぎてしまうと体に支障が出てくる可能性が高いため、まずは150~200g以下に抑える制限から初めて、徐々に減らしていく方法をおすすめします。コンビニで買うことが出来るプチ糖質制限中にお勧めの食材としては...

2019年12月30日